朝鮮中央通信によると、北朝鮮は18日、韓国の朴槿恵政権が朝鮮半島統一のための「全民族的な統一大会合」を阻んだとして、「北南関係の改善も、朝鮮半島の平和と統一も眼中になく願ってもいない」と非難した。会合の北朝鮮側準備委員会が報道文を出した。

北朝鮮は6月9日に行われた政府や党などによる連席会議で会合の開催を呼びかける要請文を採択したが、韓国側はこれが「欺瞞的な宣伝攻勢」であるとして拒否している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮半島の平和と自主統一のための北・南・海外の諸政党・団体・個別人士の連席会議北側準備委が全民族的な統一大会合の開催を阻んだ朴槿恵逆賊一味を糾弾

【平壌8月18日発朝鮮中央通信】周知のように、先日、中国の瀋陽では全民族的な統一大会合開催のための北・南・海外実務会議が成功裏に行われ、連席会議の実現に対する全同胞の一様な意志と所望を込めた共同報道文が発表された。