アフリカ諸国を歴訪中の、李洙墉(リ・スヨン)朝鮮労働党中央委員会副委員長は14日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の与党・再建民主人民党のアンリ・モバ・サカニイ書記長と会談した。朝鮮中央通信が伝えた。

サカニイ書記長は金正恩氏が朝鮮労働党委員長に推戴されたことに「熱烈な祝賀」を送り、「朝鮮労働党代表団の今回の訪問は外部勢力の内政干渉と圧力を粉砕し、国の社会的安定を成し遂げるための闘争を展開しているコンゴ再建・民主主義のための人民党にとって大きな鼓舞になると述べた」という。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党中央委員会の副委員長とコンゴ再建・民主主義のための人民党書記長間の会談

【平壌8月16日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党代表団団長としてコンゴ(旧ザイール)を訪れている朝鮮労働党中央委員会政治局委員である朝鮮労働党中央委員会の李洙墉副委員長とコンゴ(旧ザイール)再建・民主主義のための人民党のアンリ・モバ・サカニイ書記長間の会談が14日、行われた。

李洙墉副委員長は、朝鮮労働党の金正恩委員長の卓越かつ洗練された指導の下ですべての党員と人民軍将兵、人民が朝鮮労働党第7回大会の決定を体し、最後の勝利に対する信念と楽観に満ちて社会主義強国の建設を力強く進めていることについて述べた。

また、党の経済建設と核戦力建設の並進路線の正当性と朝鮮民族同士の理念の下で国の統一を民族自主の原則で実現していくという朝鮮労働党の一貫した立場を強調した。

アンリ・モバ・サカニイ書記長は、朝鮮労働党委員長に推戴された金正恩同志にコンゴ再建・民主主義のための人民党と自身の名義で再度心からの熱烈な祝賀を送った。

また、朝鮮労働党代表団の今回の訪問は外部勢力の内政干渉と圧力を粉砕し、国の社会的安定を成し遂げるための闘争を展開しているコンゴ再建・民主主義のための人民党にとって大きな鼓舞になると述べた。

そして、帝国主義者の悪らつな孤立・圧殺策動を粉砕して自分の偉業を実現していく強力な朝鮮労働党は世界的な模範になっているとし、朝鮮労働党の自主政治に対する全面的な支持を表明した。

続けて、朝鮮労働党委員長である金正恩同志が金日成主席と金正日総書記の指導風ぼうを体現して独特な政治方式を具現していると語った。

また、コンゴ再建・民主主義のための人民党は過去と同様、国の統一を自主的に、平和的に実現するための朝鮮労働党と人民の偉業を積極的に支持、声援すると強調した。

会談には、朝鮮労働党代表団員、チョ・ヨンナム・コンゴ駐在朝鮮臨時代理大使とセレスタン・トゥンダ・ヤ・カセンテ副書記長をはじめとするコンゴ再建・民主主義のための人民党指導部のメンバーが参加した。

同日、朝鮮労働党代表団はコンゴ再建・民主主義のための人民党が催した宴会に招待された。---

    関連記事