英国駐在の北朝鮮外交官が亡命の手続きを進めていることが、17日までに明らかになった。韓国と英国のメディアが報じた。

一連の報道によると、ロンドンの北朝鮮大使館でビザ発給業務や広報、ロンドン在住の脱北者の状況調査を担当していた外交官が今月初め、妻子とともに第三国への亡命に向けて手続きを進めている。

正哲氏の案内役

この外交官は、北朝鮮当局から「人権侵害への批判への対応策を立てよ」との指示を受けていたが、負担を感じ、脱北を決心したものと伝えられている。