韓国のソウル中央地検公安1部は15日、国家保安法に違反した疑いで59歳と47歳の男を拘束し、起訴したことを明らかにした。

男2人には、北朝鮮の情報機関「偵察総局」の工作員とつながり、軍で使用可能な大型タイヤなどを北朝鮮に密輸しようとした疑いがもたれている。

検察によると、2人は2014年11月から昨年6月まで、中国丹東市で偵察総局の工作員と接触。タイヤを搬出、米軍のための機器・関連資料入手などを協議しながら、軍用に転用可能な大型タイヤなどを北朝鮮に搬出しようとした疑いがもたれている。