北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、韓国政府が自国民に北朝鮮による拉致を警戒するよう呼び掛けていることに対し、「同族への敵対感の鼓吹するものだ」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮は、海外でのレストラン従業員らの集団脱北などについて、韓国側の拉致であると主張。水面下では報復のため、韓国人を拉致するための工作員チームを海外に派遣しているとの情報もある。

論評はこのような指摘に対し、「(韓国側が)共和国住民に対する誘引・拉致蛮行に熱を上げる自分らの凶悪な犯罪的正体を覆い隠そうとするものだ」と主張している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。