北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、リオデジャネイロ五輪に同国の代表団長として参加中の崔龍海(チェ・リョンヘ)国務委員会副委員長が8日、ブラジルのミシェル・ミゲル・エリアス・テメル・ルリア臨時大統領ら各国の首脳と会ったとして、次のように報じた。

朝鮮国務委員会副委員長がブラジル臨時大統領と会見

【平壌8月8日発朝鮮中央通信】朝鮮高位級代表団団長としてリオデジャネイロ五輪に参加中の朝鮮国務委員会の崔龍海副委員長が5日、ブラジルのミシェル・ミゲル・エリアス・テメル・ルリア臨時大統領に会って談話を交わした。

崔副委員長は、朝鮮労働党の指導の下で朝鮮人民が第7回党大会決定貫徹のための闘いを力強く展開していることについて述べ、ブラジルとの友好・協力関係を発展させようとする共和国政府の立場を表明した。

ミシェル臨時大統領は、ブラジル政府が朝鮮との友好・協力関係をさらに発展させていくということについて強調した。

一方、同日、崔龍海副委員長はスイス、サンマリノの両国家元首とアンゴラ、赤道ギニア、ザンビアの各副大統領に各々会った。---

    関連記事