北朝鮮の平壌から北東に50キロ離れた平安南道(ピョンアンナムド)の順川(スンチョン)市で、韓国のKBSテレビが受信できることが判明した。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

アンテナ調整で偶然キャッチ

同地在住の女性は、RFAに次のように答えた。

「順川や平城(ピョンソン)では、韓国の公営放送KBSの電波の受信が可能です。視聴している人もいますがそのほとんどが幹部です。当局は韓流ドラマ、映画への取り締まりを強化しているため、発覚しないように細心の注意を払わなければなりません」