中国吉林省の長白朝鮮族自治県で、脱北者の支援を行ってきた牧師が殺害されてから3ヶ月が経った。北朝鮮の国家安全保衛部(秘密警察)の仕業との見方が支配的だが、動機を巡っては謎も残る。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は可能性のひとつとして、違法な「臓器売買」との関連を指摘している。

事件が起きたのは今年4月30日。長白教会の韓忠烈(ハン・チュンニョル)牧師は、その日の午後に何者かに呼び出され外出した。しかし、夜になっても帰らず、心配した家族が中国公安当局に通報した。

捜索の結果、韓牧師は午後8時ごろ、山の中に停められていた自身の車の中で遺体となって発見された。携帯電話などの持ち物はすべてなくなっていたという。現地の公安当局は捜査に乗り出したが、具体的な捜査状況や結果は明らかにされていない。

「見せしめ」か

韓牧師は、国境を流れる鴨緑江を挟んで向かい合う、北朝鮮・両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)市からやって来る脱北者に様々な支援を行ってきた。