世界中で大人気となっているゲームアプリ「ポケモンGO」。デイリーNKジャパンは、北朝鮮がプレイ可能地域に分類され、実際にプレイができる可能性を指摘した。

しかし、やはりというべきか「不可」であることが確認された。

LINE使えばスパイ

シンガポールに北朝鮮の青年向けにビジネス研修を提供する「チョソン・エクスチェンジ」(Chosun Exchange) 」というNGOがある。同NGOが主催する短期間のMBA研修には北朝鮮の経済官僚らが参加するなど、北朝鮮指導層に最も食い込んでいるNGOの一つだ。

「チョソン・エクスチェンジ」の1人は、早くも北朝鮮で「ポケモンGO」にチャレンジ。その結果は「北朝鮮でポケモンを捕まえようとしたが、悲しいかな作動しなかった」という。

そもそも、北朝鮮ではインターネットすら一般庶民には開放されていない。中朝国境などで違法携帯を利用してコミュニケーションアプリのLINEやカカオトークを使っていると「スパイ活動に利用される」として、取り締まりに引っかかるケースもあるのだ。

中国でネットにアクセスする秘密警察

こうしたなか、北朝鮮当局は、独自のコミュニケーション・アプリ、その名も「セビョル(新星)」を開発。セビョルは、チャット、画像や音声ファイルの転送など、機能的にはLINEとさほど変わりないという。ただし、内部情報筋によると、一般人の使用に関しては厳しく制限されているという。

北朝鮮当局は、こうしたアプリだけでなく、海外通話などを厳しく制限している。しかし、中国に駐在する幹部や秘密警察・国家安全保衛部の要員は、サムスンやLGなど韓国製のスマートフォン使い、密かにインターネットにアクセスしながら、海外の北朝鮮報道を検索、分析しているようだ。

情報収集が使用目的だが、ほぼ間違いなく「閲覧してはならないサイト」にアクセスしているだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事