北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)板門店代表部は1日に発表した発表を通じて、米国が「生物・化学戦を繰り広げようとしている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は、「米帝侵略軍が追求している『ジュピター計画』は対朝鮮侵略戦争の時、生物・化学戦を繰り広げようとする悪巧みによるものである」としながら「米帝は、過去の朝鮮戦争時期から細菌戦、化学戦策動でわが人民を無差別に大量虐殺した不倶戴天の敵、殺人悪魔である」と主張した。

そのうえで「わが民族を細菌戦の惨禍の中に追い込もうとする白昼強盗さながらの米帝の凶悪極まりない策動は、峻(しゅん)厳な懲罰を免れられないであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。