中国と国境を接する北朝鮮の両江道(リャンガンド)に駐屯する朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の部隊から脱走した兵士が44人に達することが、明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮国内の情報筋によると、恵山(ヘサン)市警務局(憲兵隊)と10軍団保衛部(秘密警察)によると、27日現在で脱走が確認された兵士は全部で44人に達する。うち、12人については行方をつかめていない。

脱走した兵士が全員が脱北し、中国で事件を起こしたとは言えないが、北朝鮮に面した中国吉林省の長白朝鮮族自治県では、7月末までの10日間で脱北兵士による事件が多発した。

老夫婦を殺害

韓国の聯合ニュースによると、28日に長白県で中国公安当局との銃撃戦の末に逮捕された2人を含む5人の脱北兵士は、23日に県内の二十道溝村と小梨樹溝村で強盗事件を起こしている。