北朝鮮の朝鮮中央通信は、朝鮮障害者保護連盟が創立されて18周年にあたる29日、「(北朝鮮で)障害者に便利な生活の条件と環境を保障する活動が国家的な後援の中で活発に行われている」と主張する記事を配信した。

同通信によると、朝鮮障害者保護連盟中央委員会の鄭現副委員長が、「朝鮮では障害者の人格を尊重し、社会的・政治的権利と利益を法的に保障してやって彼らが幸せな生活を享受するようにしている」と述べた。

そのうえで「障害者保護活動に対する社会的関心を高める目的の下で新聞、放送、インターネット・ホームページ「希望」などを通じて宣伝活動も繰り広げている」と強調した。

朝鮮障害者保護連盟は、1988年7月29日、保健省人口研究所(当時)傘下に組織された朝鮮身体障害者支援協会が、2003年10月に朝鮮障害者支援協会に、2005年7月からは朝鮮障害者保護連盟中央委員会に改称されたという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮で国家の後援の中で障害者保護活動が活発


【平壌7月29日発朝鮮中央通信】朝鮮で障害者に便利な生活の条件と環境を保障する活動が国家的な後援の中で活発に行われている。

朝鮮障害者保護連盟中央委員会の鄭現副委員長は、朝鮮では障害者の人格を尊重し、社会的・政治的権利と利益を法的に保障してやって彼らが幸せな生活を享受するようにしているとし、次のように述べた。

人民の運命と未来に全的に責任をもって見守る朝鮮労働党の人民愛の政治、わが国の社会主義制度の下で障害者保護活動の物質的・技術的土台は日ごとに強化されている。

最近は、障害者向けの学校で教育の内容が更新され、障害者技能工学校では生徒に裁縫技能、ミシン組み立ておよび修理、木材加工、食品加工、眼鏡加工、電子装置組み立ておよび実験、義手足製作などを教えている。

大同盲学校、成川聾唖学校などの学校で芸術サークル活動を正常化、専門化している。

障害者保護活動に対する社会的関心を高める目的の下で新聞、放送、インターネット・ホームページ「希望」などを通じて宣伝活動も繰り広げている。

障害者向けの専門スポーツ種目を増やし、将来性のある選手を育てることに力を入れて第14回パラリンピック競技大会をはじめ国際障害者スポーツ競技で好成績をあげた。

国際機構および駐朝諸国代表部との交流と協力も活発に行っている。

7月29日は、朝鮮障害者保護連盟創立18周年になる日である。

チュチェ87(1998)年7月29日、保健省人口研究所(当時)傘下に組織された朝鮮身体障害者支援協会が2003年10月に朝鮮障害者支援協会に、2005年7月からは朝鮮障害者保護連盟中央委員会に改称された。

    関連記事