北朝鮮の18才の男子学生が、香港の韓国領事館に駆け込み、亡命を申請した。韓国政府も亡命の件を間接的に認めており、今後の行方に注目される。

少年は、香港で開催された第57回国際数学オリンピックの出場者の1人だった。同大会の公式サイトによると、大会は今月6日から16日まで開催され、世界109カ国の602人が参加。北朝鮮からは6人の学生が参加した。

北朝鮮チームの昨年の成績は4位だった。今年は6位と後退したが、過去の大会11回に参加してうち7回が10位以内と、優秀な成績を収めている。北朝鮮メディアも、大会の結果については、参加者の氏名を明らかにしながら報じている。

韓国スパイの手引きは?

しかし、18才の少年が、なぜたった1人で亡命を申請したのだろうか。そして、なぜ右も左もわからない海外で、韓国領事館までたどり着けたのだろうか。