朝鮮戦争の休戦から63年にあたる7月27日、北朝鮮の各地で「祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利63周年」を祝う行事が行われた。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

金日成・正日の銅像に献花する平壌市民(2016年7月27日付労働新聞より)
金日成・正日の銅像に献花する平壌市民(2016年7月27日付労働新聞より)

錦繍山太陽宮殿を参拝する平壌市民(2016年7月28日付労働新聞より)
錦繍山太陽宮殿を参拝する平壌市民(2016年7月28日付労働新聞より)
朝鮮戦争勝利63周年を祝う青年学生たちの舞踏会(2016年7月27日付労働新聞より)
朝鮮戦争勝利63周年を祝う青年学生たちの舞踏会(2016年7月27日付労働新聞より)

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮で戦勝63周年を意義深く慶祝

【平壌7月27日発朝鮮中央通信】平壌と各地の人々、青年学生が戦勝節に際して多彩な慶祝行事を催した。

金日成主席と金正日総書記が永生の姿で安置されているチュチェの最高の聖地、錦繍山太陽宮殿の広場を大勢の人々が訪れた。

敬けんな気持ちで広場の公園に入った人々は、主席と総書記の太陽のように明るい笑顔の肖像を仰いであいさつした。

人民軍将兵と各階層の人々は、祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利記念館と主席の戦勝指導史が宿っている革命史跡地を訪れた。

各地にある烈士の銅像と烈士陵、人民軍烈士追慕塔、烈士墓を訪れた人民軍軍人と人々、青少年学生は、偉大な年代の勝利者に敬意を表した。

中央と地方で多彩な慶祝公演が行われて、戦勝の祝日を喜ばしく飾った。

平壌の国立演劇劇場では、革命演劇「勝利の旗のもと」の公演があった。

平壌大劇場ではピバダ歌劇団の革命歌劇「革命の勝利が見える」の公演が、牡丹峰劇場では国立交響楽団のコンサートが、平壌サーカス劇場とマジック劇場では国立サーカス団総合サーカス公演とマジック公演の舞台が広げられた。

各道芸術団芸能人の戦勝節慶祝公演が、それぞれ行われた。

労働者階級と職盟員、農勤盟員、女盟員をはじめ各階層の人々と青少年学生は、参戦老兵との対面の集いを催した。

人々と青少年学生は、参戦老兵の家庭を訪ねて彼らを祝った。

    関連記事