米国共和党が先日、大統領選に向けた政綱で北朝鮮を「金正恩政権の奴隷国家(slave state)」と規定したのに続き、民主党も25日(現地時間)に行われた大会で、「北朝鮮はサディスティックな独裁者が支配する最も抑圧的な政権」と規定した政綱を採用した。

民主党の政綱は「北朝鮮は何度も核実験をしており、米国を直接脅かす核ミサイル保有能力を開発中」と主張。さらに「北朝鮮政権は、北朝鮮の住民に加えられた深刻な人権蹂躙の責任を負わなければならない」と、人権問題について追及していく姿勢を明らかにした。