北朝鮮の労働新聞は26日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対して「ほらを吹き、外部勢力と結託してわれわれを害する企図を露骨にさらけ出した」と非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、朴槿恵氏がモンゴルで行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、「北の非核化」など述べたことに対して、「あらゆるこびを売った朴槿恵のその鼻持ちならないざまは見るに耐えないものであった」と非難した。

そのうえで、「ついた癖は焼いてものかぬということわざのように、希世の政治売春婦としての朴槿恵逆徒の反逆的気質は絶対に変わらない」と罵倒した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」朴槿恵逆徒の反逆的気質は絶対に変わらない

【平壌7月26日発朝鮮中央通信】先日、モンゴルで行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に参加した南朝鮮のかいらい執権者である朴槿恵がいわゆる「北の非核化」だの、「正しい変化」だのとしてわれわれに対する口に乗せられない悪態を並べ立てたかとすれば、「制裁措置の履行」についてまたもやほらを吹き、外部勢力と結託してわれわれを害する企図を露骨にさらけ出した。

26日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、知る人であれ、知らない人であれ無鉄砲に会って同族圧殺を請託し、あらゆるこびを売った朴槿恵のその鼻持ちならないざまは見るに耐えないものであったと指摘した。

論評は、朴槿恵逆徒の今回の海外訪問は屈辱的な「THAAD」配置の決定に憤激した南朝鮮民心の抗議と糾弾世論を免れようとする逃避訪問であったとし、次のように明らかにした。

朴槿恵一味が今回の訪問期間、いわゆる「国際共助の再確認」だの、何のとしてあたかも何か得たかのようにせん越に振る舞ったが、それは何もできない者の虚勢にすぎない。

今回もそうであるが、同族圧殺のための朴槿恵の海外訪問が南朝鮮にもたらしたのは何もない。

あるとするなら、それは何の実効もない「対北圧迫外交」による莫大な経済的負担だけである。

ついた癖は焼いてものかぬということわざのように、希世の政治売春婦としての朴槿恵逆徒の反逆的気質は絶対に変わらない。

論評は、朴槿恵一味は世情も知らずにむやみに振る舞えば絶対に無事ではいられないということを銘記して軽挙妄動してはいけないと警告した。

    関連記事