韓国と米国は、在韓米軍に配備される最新鋭高高度迎撃システム「THAAD(サード)」が探知した北朝鮮のミサイル情報を、日本とは共有しない方針であることがわかった。聯合ニュースが25日、複数の韓国政府消息筋の話として報じた。

韓国政府は、中国の反発や国内の反対世論を抑えるため、THAAD配備の目的は北朝鮮からの韓国領土の防衛に限定されていると説明している。日本と情報を共有すれば、「韓国が米国と日本のミサイル防衛(MD)体制に取りこまれている」との指摘を受けかねず、そうした懸念を払拭(ふっしょく)する必要に駆られているようだ。

安倍首相一族の「在日人脈」

しかし、韓国は日米との情報共有の取り決めにより、韓国軍が収集した北朝鮮のミサイル情報を米国経由で日本と共有することになっている。

    関連記事