25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは、緊張緩和と平和にあくまで反対し、共和国を武力でもって圧殺しようとする危険極まりない戦争挑発企図の発露であると糾弾した。

論評は、誰それの「挑発」と「脅威」についてけん伝し、各種の戦争演習を絶え間なく行ってわれわれに軍事的圧力を加え、核先制攻撃の準備を進めてなんとしても北侵の導火線に火をつけようとするのは米国とかいらい一味の変わらぬ腹黒い下心であると暴露した。

また、今回、南朝鮮のかいらいが外部勢力と共謀、結託して行った「リムパック」合同軍事演習と遭難操縦士救出訓練もまさにそれによるものであるとし、次のように指摘した。

    関連記事