中国・丹東市の川向かいに位置する北朝鮮の新義州(シニジュ)市。中朝国境だけに物流も盛んなことから、平壌に次いで豊かと言われている新義州市で、昨年から建築ブームが起こっている。

金正恩党委員長は「カネの出処は問わない、投資者の利潤を保証してやれ」という方針を下し、トンジュ(金主)と呼ばれる北朝鮮の新興富裕層は高層マンションの建設に投資。首都・平壌のみならず、各地方都市では不動産投資ブームが起きた。

投資ブームといえば、いかにもバブリーな話に聞こえるかもしれないが、裏では悲惨な事故が多発。2014年11月には、平壌市内の23階建てマンションが突然崩壊し、450人以上が犠牲となった。事故多発の一因は、北朝鮮特有の「速度戦」と呼ばれる突貫工事であり、北朝鮮当局の無謀な計画が引き起こした。

階下に汚物を…

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)や、その他の内部情報筋の話を総合すると、いくら新義州市に高層マンションが建築されようとも、実際に居住する人々はそれほど多くない。一体なぜか。

新義州の情報筋は、「具体的な売れ行きはわからない」と前置きしながらも、「マンションの半分以上が空き部屋のままだ。日暮れ時にマンションを見上げても、電気のついている家は3分の1ほどしかない」と述べた。

投資用に購入したことから住んでいないだけなのか、それとも売却されていないのかは不明だが、そもそも北朝鮮では一般的にマンションの高層階はさほど好まれない。10階から15階建てのマンションは、電力難でエレベーターが使えず、階段での登り降りを余儀なくされる。電気が来ないため、ポンプが使えず、水道が使えない。

水道が使えないことから、高層階の住民の中には、信じられない方法で「トイレ問題」を解決する人々がいるぐらいだ。

比較的豊かと言われている新義州市内ですら、電気はほとんど供給されず、水道の水が出るのも朝夕の1~2時間という家がほとんどだ。マンションの高層階に住んでいる人は、地上にある井戸で水を汲み、それを持って高層階まで運ばなければならない。

そんな重労働に耐えきれず、住民たちは、中国から水道ポンプを取り寄せて、地上の水道管と自宅のポンプを繋げて、水をくみ上げるという荒技まで駆使している。ただし、この荒技によって、町内全体の水圧が下がり、一般の民家で水道の水が出なくなってしまった。そして、今度は一般住宅が、同じ方法で水道管にポンプをつなげて、自宅に水を引っ張るという荒技で対抗。毎朝のように、熾烈な水道水争奪戦が繰り広げられている。

金正恩氏は自分も「トイレ問題」では苦労しているのだから、庶民たちの生活上の悩みに、もっと真摯に目を向けるべきではないのか。

500人死亡の地獄絵図

こうしたドタバタ劇の原因は、水道施設の容量超過と老朽化によるものだ。

ある新義州市民によると、新義州の浄水場は国境を流れる鴨緑江の中洲、威化島(ウィファド)にあるが、日本の植民地時代に作られたものをそのまま使っており、老朽化が進んでいる。さらに、建設当時は5万人だった人口も、今では35万と7倍に増えたため、水圧が保てないのだ。

せっかくの新築高層マンションだが、それを支えるだけのインフラが北朝鮮の地方都市には存在しないのだ。

北朝鮮は、建国以来、社会主義体制の優位性を誇示するため、見栄えや計画完了を追求する国家事業を行ってきたが、その内実がお粗末きわまりないことを示すエピソードと言える。なによりも、こうした事業の裏には、常に人民大衆の犠牲が伴っているのだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事