中国・丹東市の川向かいに位置する北朝鮮の新義州(シニジュ)市。中朝国境だけに物流も盛んなことから、平壌に次いで豊かと言われている新義州市で、昨年から建築ブームが起こっている。

金正恩党委員長は「カネの出処は問わない、投資者の利潤を保証してやれ」という方針を下し、トンジュ(金主)と呼ばれる北朝鮮の新興富裕層は高層マンションの建設に投資。首都・平壌のみならず、各地方都市では不動産投資ブームが起きた。

投資ブームといえば、いかにもバブリーな話に聞こえるかもしれないが、裏では悲惨な事故が多発。