国連人権理事会は8日、新しい北朝鮮人権報告者に、トマス・オヘア・キンタナ氏を任命した。任期は8月1日からの1年間で、最長6年まで延長できる。キンタナ氏は2014年まで6年間、ミャンマー人権特別報告者を務めた実績があり、今回も長期間の活動が予想される。

飛行機から突き落とし…

前任の特別報告者でインドネシアの検事総長出身のマルズキ・ダルスマン氏は、国連の「北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)」の設置と、2014年2月のCOI最終報告書公表を主導。北朝鮮における凄惨な人権侵害の実態を世界に知らせた上で、金正恩氏ら国家指導部に対し「人道に対する罪」を問う法的プロセスの端緒を開いた。金正恩体制にとって、憎んでも憎みきれないほどの仕事を成したと言える。

後継者となったキンタナ氏は今後、どのような方向性を持って活動を行っていくのだろうか。韓国メディアが報じた彼の経歴の中に、ヒントがあるように思える。

アルゼンチンの人権派弁護士であるキンタナ氏は、同国の民間団体「5月広場の母たち」の活動に関わってきたという。

アルゼンチンでは1976年から1983年にかけて、軍事政権が「汚い戦争」と呼ばれる反体制派・民主派の弾圧を繰り広げた。労働組合員や学生、ジャーナリストを逮捕もしくは拉致し、拷問の末に飛行機から突き落とすなどして殺害したのだ。死者・行方不明者の数は3万人に上るとも言われる。

拷問と処刑

「5月広場の母たち」は、このときに行方を絶った家族を探す人々の団体で、弾圧の真相究明も求めて活動してきた。そして、弾圧を主導したホルヘ・ラファエル・ビデラ元大統領は2010年に「人道に対する罪」を犯したとして終身刑の判決を受け、2013年5月17日に獄死した。

キンタナ氏はこうした歴史の中に身を置いてきただけに、北朝鮮国民がささいな「罪」によって裁判なしで送り込まれ、凄惨な拷問や公開処刑により殺されている政治犯収容所の、いっそうの実態解明に乗り出すのではないだろうか。


また、金正恩氏が登場する以前に行われた、国民弾圧や虐殺の証拠集めも期待される。

そうすることで、金正恩体制の「人権犯罪者」たちを刑務所送りにする日を引き寄せてもらいたい。いずれにせよ、国民への人権侵害を続ける北朝鮮の指導部への追及は、強まることはあっても弱まることはないのである。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事