北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)板門店代表部のスポークスマンは14日、国連軍が、南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)に重火器を搬入したとして、「同地域の情勢を衝突と戦争の局面へと追い込んでいる」と、非難した。

スポークスマンは朝鮮中央通信社のインタビューを通じて「軍事境界線の非武装地帯には公開されたものだけでも12.7ミリ大口径機関銃、40ミリ流弾機関砲、57ミリ無反動砲、81ミリ迫撃砲などを含む各種の重火器が大々的に搬入された」と指摘。

そのうえで、「『国連軍』司令部の帽子をかぶっている南朝鮮占領米帝侵略軍は、自分らの破廉恥な行為がまるでわれわれの『武力増強』に対する『対応措置』であるかのように途方もない詭(き)弁で世論を汚している」と非難した。