ラオスのブンニャン・ヴォーラチット国家主席が8日、金正恩氏が6月の最高人民会議で国務委員長に推戴されたことに対し、祝電を送った。

朝鮮中央通信が報じた祝電全文は次のとおり。

【平壌7月13日発朝鮮中央通信】朝鮮国務委員会委員長である金正恩元帥にラオスのブンニャン・ウォラチット国家主席から8日、祝電が寄せられた。

その電文は、次のとおり。

わたしは、貴方が朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長に推戴されたことについてラオス人民革命党(LPRP)中央委員会とラオス人民民主共和国の政府と人民、そしてわたし自身の名義で貴方に心からの熱烈な祝賀を送る。

わたしは、貴方の指導の下で祖国を守り、強盛、繁栄する国を建設し、人民の生活を向上させるための活動で引き続き新たな成果が収められ、特に全民族大団結の原則に基づいて朝鮮半島の平和と安全を守るための努力においてさらなる新たな成果が収められるということを確信する。

わたしは、両国間の伝統的な立派な友好・協力関係が絶え間なく発展してラオスと朝鮮の両国人民に実質的な利益を与えており、地域の平和と安全を守り、協力関係を発展させるのに寄与していることについてうれしく思う。

わたしはこの機会に、貴方の健康と幸福、崇高な事業においてさらなる成果が収められることを願う。---

    関連記事