8月にリオデジャネイロで開催されるオリンピックに参加する北朝鮮選手らが確定した。12日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、柔道にホン・グッヒョン、キム・ソルミ、ソル・ギョンの各選手。重量挙げに世界記録保持者のオム・ユンチョル、体操競技に跳馬のリ・セグァン、第16回国際水泳連盟世界選手権大会の飛び込み女子10メートルで北朝鮮史上初の金メダルを獲得したキム・グッヒャン(キム・グッキャン)の各選手が参加する。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。