北朝鮮の金正恩党委員長は11日、1961年7月11日に調印された中朝友好協力相互援助条約の締結55周年に際して、中国の習近平・中国国家主席に祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が配信した。

金正恩氏は祝電で、「長い歴史的根源を有している朝中友好を強化発展させるのは、わが党と共和国政府の一貫した立場である」としながら「われわれは、中国の同志たちと共に朝中友好・協力関係を新世紀の要求に即して発展させていくことによって両国の社会主義建設偉業を促し、北東アジア地域の平和と安全を守ることに積極的に寄与する」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長が中国国家主席に祝電を送る

【平壌7月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、朝鮮人民軍最高司令官である朝鮮国務委員会の金正恩委員長は11日、中国共産党中央委員会総書記、中国中央軍事委員会主席である習近平・中国国家主席に祝電を送った。

祝電は、次のとおり。

わたしは、朝鮮民主主義人民共和国と中華人民共和国間の友好、協力および相互援助に関する条約の締結55周年に際して、朝鮮労働党と朝鮮民主主義人民共和国政府と人民の名義で貴方と貴方を通じて中国共産党中央委員会と中華人民共和国の政府と人民に熱烈な祝賀を送る。

今から55年前、両国の老世代指導者たちが自ら署名した朝中友好、協力および相互援助に関する条約は反帝・自主、社会主義を目指す血みどろの闘いの道で結ばれた友好・協力関係を恒久的に強化発展させられる強固な法律的基礎となった。

長い歴史的根源を有している朝中友好を強化発展させるのは、わが党と共和国政府の一貫した立場である。

われわれは、中国の同志たちと共に朝中友好・協力関係を新世紀の要求に即して発展させていくことによって両国の社会主義建設偉業を促し、北東アジア地域の平和と安全を守ることに積極的に寄与する。

この機会に、国の富強・繁栄のための貴方と中国人民の活動においてさらなる成果があることを心から願う。

    関連記事