中国の習近平国家主席とシリアのバッシャール・アサド大統領が、金正恩氏が6月29日の最高人民会議で国務委員長に推戴されたことに対し祝電を送った。

朝鮮中央通信が伝えた祝電の全文は次のとおり。

【平壌7月1日発朝鮮中央通信】共和国国務委員会の金正恩委員長に中国の習近平国家主席から1日、祝電が寄せられた。

電文は、次のとおり。

わたしは、貴方が最高人民会議第13期第4回会議で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長に推戴されたことに熱烈な祝賀を送る。

わたしは、朝鮮人民が貴方を首班とする朝鮮労働党の指導の下、国家建設と発展を目指す各分野の活動において絶えず新たな成果を収めることを心から願う。

中朝友好は両国の共同の貴重な富である。

中国側は朝鮮側と共に両国間の伝統的な友好・協力関係を絶えず発展させることによって両国と両国人民に福利を与える用意がある。

貴国の隆盛・繁栄と人民の幸福と安寧を願う。―――

【平壌7月1日発朝鮮中央通信】共和国国務委員会の金正恩委員長にシリアのバッシャール・アサド大統領から6月30日、祝電が寄せられた。

電文は、次のとおり。

元帥同志

わたしは、2016年6月29日に平壌で行われた友好的な貴国の最高人民会議第13期第4回会議で朝鮮民主主義人民共和国国防委員会が国務委員会に直され、貴方が朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長に推戴されたことに関連して貴方に心からなる最も熱烈な祝賀を送りつつ、貴方の健康と幸福、新しい重責の遂行において成果を収めることと、あわせて貴方の賢明な指導の下で友好的な貴国人民にさらなる進歩と繁栄があることを願う。

貴方が、朝鮮民主主義人民共和国が自己の闘争行路に沿って絶えず力強く前進できるようにすべての国家事業を賢明に導きながら傾ける崇高な努力はあらゆる帝国主義の魔手から脱して真の独立を成し遂げるために闘う世界のすべての人民を大きく鼓舞している。

わたしは、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議から大きな信頼を受けた貴方に再度祝賀を送りつつ、貴方が党と革命、祖国と人民、世界の自主化のために朝鮮革命を完遂していくことを願う。

元帥同志に最も崇高な敬意を表する。―――

    関連記事