ナミビア政府は6月30日、北朝鮮の朝鮮鉱業開発会社(KOMID)および万寿台海外開発会社グループとの取引を止めると発表した。

国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視している専門家パネルは2月末までにまとめた報告書で、北朝鮮の「万寿台(マンスデ)海外プロジェクト・グループ」が、2002年から2005年にかけて、ナミビアに弾薬工場を建設したと指摘。同社は、北朝鮮の武器取引を担う「朝鮮鉱業貿易開発会社(KOMID)」の関係先と見られる。KOMIDは2009年から、国連の制裁対象に指定されている。

軍事援助で緊密化

ナミビア政府は報告書を受け、工場建設は国連制裁の発効以前に行われた事業であり、生産された弾薬はすべてナミビア国内で使用されることから、何ら問題はないと説明していた。