5月末、北朝鮮独自のSNS「スターコン」の存在が明らかになったが、すぐに閉鎖された。その理由について、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は「大炎上」だと報じた。

スターコンは、全世界のウェブサイトの動向をモニタリングしている「ディン・リサーチ」のダグ・マドリー研究員によって発見され、米国の北朝鮮専門サイト「North Korea Tech」が明らかにした。スターは、強盛ネットとともに北朝鮮を代表する政府系ネットサービス「ピョル(星)」からきていると思われる。

その存在が知れ渡るやいなや、海外からユーザーが殺到。金正恩党委員長のなりすましアカウントが作られたり、彼を批判する文章が多く書き込まれた。つまり「大炎上」したわけだ。

そのためか、スターコンは、開設からわずか数時間で閉鎖されてしまった。

スターコンの存在を報じた北朝鮮専門ニュースサイト「ノースコリアテック」のマーティン・ウィリアムズ氏は、RFAの取材に「今回の件は、北朝鮮のサイト管理者が『PHPドルフィン』というソーシャル・ネットワーク・プログラムを使って試験的に作ってみたSNSを、誤ってパブリッシュした可能性が高い」と述べた。

北朝鮮は、一般国民のインターネットへのアクセスが許されていない世界で唯一の国だ。技術者でも、インターネット使用には厳しい制限と監視がある。そのため、北朝鮮がネットユーザーからどのような扱いを受けているか知らずに、SNSを開設した可能性も考えられる。

    関連記事