キューバ共産党中央委員会のラウル・カストロ・ルス第1書記の特使としてキューバ共産党中央委員会政治局委員である国家評議会のサルバドル・アントニオ・バルデスメサ副議長と一行が28日、平壌に到着。朝鮮労働党中央委員会は、一行のための宴会を開いた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

北朝鮮側からは、朝鮮労働党中央委員会の李洙墉(リ・スヨン)副委員長と李昌根(リ・チャングン)副部長、申紅哲(シン・ホンチョル)外務次官、対外経済省の李光根(リ・グァングン)次官などが、参加した。

李洙墉氏は宴会で演説を行い「尊敬するラウル・カストロ・ルス同志の指導の下でキューバの党と人民が革命の獲得物である社会主義を守り、第7回キューバ共産党大会(※4/16〜19)の決定を貫徹するためのたたかいにおいてさらなる成果を収めることを心から願う」と強調。

キューバのバルデスメサ副議長は、「今回の訪問が両国間の伝統的な友好関係をより発展させる有意義な契機になることを確信する。キューバは今後も兄弟的な朝鮮人民との関係を強化発展させていく」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次は次の通り。

朝鮮労働党中央委がキューバ共産党中央委第1書記の特使一行のために宴会催す

【平壌6月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会が、キューバ共産党中央委員会第1書記の特使一行のために28日、宴会を催した。

宴会には、キューバ共産党中央委員会のラウル・カストロ・ルス第1書記の特使として訪朝中のキューバ共産党中央委員会政治局委員である国家評議会のサルバドル・アントニオ・バルデスメサ副議長と一行、駐朝キューバ大使館員が招待された。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員である党中央委員会の李洙墉副委員長と党中央委員会の李昌根副部長、申紅哲外務次官、対外経済省の李光根次官、関係者がこれに参加した。

李洙墉副委員長は宴会で行った演説で、金日成同志と金正日同志が尊敬するフィデル・カストロ・ルス同志、ラウル・カストロ・ルス同志と共に両党、両国間の伝統的な友好・協力関係を築いたことについて述べた。

また、尊敬するラウル・カストロ・ルス同志の指導の下でキューバの党と人民が革命の獲得物である社会主義を守り、第7回党大会の決定を貫徹するためのたたかいにおいてさらなる成果を収めることを心から願うと強調した。

そして、朝鮮労働党委員長である金正恩同志の崇高な志を体して、われわれは今後もキューバの党と人民との伝統的な友好・協力関係を絶えず拡大、発展させるために積極的に努力すると強調した。

バルデスメサ副議長は、偉大な金日成同志と金正日同志はキューバ人民が試練と難関をなめるたびに固い支持と連帯を送り、尊敬する金正恩同志は先代領袖たちの偉業を変わることなく継承していると強調した。

また、キューバ共産党第7回大会では、社会主義を絶対に放棄せず、社会主義を持続的に発展させることと、キューバ革命を伝統的に、歴史的に支持してきたすべての国との連帯関係を引き続き発展させようとする意志が再び強調されたことについて語った。

そして、今回の訪問が両国間の伝統的な友好関係をより発展させる有意義な契機になることを確信するとし、キューバは今後も兄弟的な朝鮮人民との関係を強化発展させていくと強調した。

    関連記事