北朝鮮当局は、トロッコの所持、使用を禁じる命令を下した。運送手段を奪われた地域住民からは不満の声が上がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

トロッコとは、鉄道の線路に乗せて主に人力で動かす貨車のこと。フィリピンやカンボジアでは「バンブートレイン」などと呼ばれ、地域住民の輸送および移動手段として重宝されおり、一部では観光資源化している。

そんなトロッコが北朝鮮にも存在するが、両江道(リャンガンド)の情報筋によると、最近鉄道保安部(鉄道警察)は人民班(町内会)を通じて「不法所有しているトロッコを、保安署(警察署)や鉄道機関に提出せよ」との指示を住民に下した。

観光列車と衝突

理由は、事故が多発しているからだという。