北朝鮮の国防委員会のスポークスマンは19日、談話を通じて、米国が朝鮮半島で戦略兵器を展開していることについて「核報復を誘発させる」と主張した。

談話は「核のこん棒を振り回してわれわれの意志を揺らし、断固たる決心を曲げてみようとする凶悪な野望を実現するために核戦争を含め何もためらわないとする白昼強盗がほかならぬ米国だ」と指摘。

さらに「われわれの平和守護方式は、平和が貴重であるほどそれを害しようとする行為に対してはそれがどこであれ、いかなる者であれ、即時的かつ無慈悲な朝鮮式の先進先制打撃を加えることである」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。