北朝鮮の金正恩党委員長が、平壌穀物加工工場を現地指導した。朝鮮中央通信が16日に報じた。

同工場はトウモロコシの加工品や水あめ、菓子類などを生産している。金日成主席と金正日総書記も生前たびたび訪れていた。

穀物加工工場の製品を手に取り、満足げな表情の金正恩氏(2016年6月16日付労働新聞)
穀物加工工場の製品を手に取り、満足げな表情の金正恩氏(2016年6月16日付労働新聞)

正恩氏は「平壌穀物加工工場の近代化で収めた最大の成果は、設備の国産化比重を95%以上保障したことである」と述べ、満足を示したという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が近代的に改修された平壌穀物加工工場を現地指導

【平壌6月16日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、知識経済時代の要請と社会主義文明国の体裁にふさわしく立派に改修された平壌穀物加工工場を現地で指導した。