北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、平壌育児院に子どもの健康管理と保育教育、統合管理業務などに関連するホームページが開設されたと報じた。

同通信によると、平壌育児院で測定された子どもの体温、体重などに関連する情報がコンピュータに入力され、無線ネットを通じてサーバーで総合化されて子どもの健康管理に寄与しているという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

平壌育児院に保育教育のためのホームページを新しく開設

【平壌6月14日発朝鮮中央通信】朝鮮の金日成総合大学の教師、研究者が朝鮮労働党の崇高な次代愛、未来愛を体して平壌育児院に子どもの健康管理と保育教育、統合管理業務などに関連するホームページを開設した。

研究集団は、玉流児童病院をはじめとする国内の複数の医療機関と連携して子どもの年齢と体重、体質、栄養状態などに該当する正常指標を確定したことに基づいて子ども電子健康管理システムを樹立した。

0~2歳、3~4歳など子どもの年齢に応じた知能発達程度を評価、分析し、対策を講じる保育教育システムと保育員、従業員の実務水準を高める人材管理システム、そして統合管理業務システムも確立した。

平壌育児院では朝夕に測定された子どもの体温、体重などに関連する情報がコンピュータに入力され、無線ネットを通じてサーバーで総合化されて子どもの健康管理に寄与している。

保育教育において収められた成果と経験資料がホームページを通じて共有されたことにより、子どもの知能を調和が取れるように発達させ、保育員の資質を向上させるための活動においてはっきりした進展が遂げられている。

    関連記事