北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、金哲柱(キム・チョルジュ)氏の生誕100周年を讃える記事を配信した。

金日成主席の実弟である金哲柱氏は、1935年、中国・延吉市で、日本軍との戦闘により死亡(享年19歳)。大城山革命烈士陵に墓が設けられている。

朝鮮中央通信の記事は、「金哲柱同志は抗日戦の熱血革命家の姿で金正恩元帥の指導に従って前進する先軍革命総進軍隊伍に立っており、千万の軍民を社会主義強国の建設を目指す闘争と偉勲へと鼓舞している」としながら、その生涯を讃えた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。