民間人の身分に偽装し、中東に労働者として派遣される朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士が増えているという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日、匿名の現地消息筋の話として報じた。

この消息筋によれば、「中東に進出している北朝鮮の建設会社であるナムガン建設とチョルヒョン建設を通じ、現地に派遣されてくる北朝鮮軍人の数が最近2〜3年の間に大幅に増えた」という。

「給料タダ」が魅力

たとえば、ナムガン建設はクウェートに800人、カタールに750人の労働者を派遣しているが、全員が工兵隊所属の20代の兵士たちだ。クウェートで働く北朝鮮労働者の数は合計3200人とされ、兵士の割合の大きさがわかる。