ウガンダ政府が、自国に滞在中の北朝鮮の軍事顧問団に対し撤収するよう通告したと、韓国の中央日報が報じた。

同紙は複数の外交筋の話として、ムセベニ大統領が、先月29日の韓国の朴槿恵大統領との首脳会談で、北朝鮮との安保、軍事、警察分野の協力を中止すると述べたことを受けて、ウガンダ当局は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)十数人、人民保安部(警察)40数人からなる軍事顧問団に対して撤収するよう要請したとしている。

また、別の情報筋は、ウガンダが北朝鮮から軍事戦略や社会秩序の支援を受けてきたが、「もう支援してもらわなくてもけっこうだ」というメッセージを突きつけたと伝えた。

ウガンダは、キューバ、シリア、ラオス、タンザニアなどと並ぶ、北朝鮮の友好国だった。

切り崩しに拍車

ムセベニ大統領は、太陽節(金日成氏の生誕記念日)、朝鮮労働党第7回大会などに際し祝電を送っていた。