北朝鮮の金正恩党委員長は、就任以来、肝いりで「大型建設事業」を進めてきた。その代表格といえば、2012年の「平壌10万戸住宅」や2015年の「未来科学者通り」の高層住宅だ。さらに今年2016年3月、金正恩氏は「米帝とその追随勢力との熾(し)烈な対決戦」とする「黎明通り」の建設を指示した。

トイレ使用不能で仕方なく…

すでに完成し、国営メディアに公開された「平壌10万戸住宅」や「未来科学者通り」の写真を見る限り、外観は確かに立派だ。しかしその実態がきわめてお粗末であることは、これまで伝えてきたとおりだ。

最も深刻なのが、電力問題。例えば、平壌ですら1日に何度も停電し、地方によってはまったく電気が来ないことも珍しくない。電力がなければエレベーターもポンプも動かない。ポンプが動かなければ水道も使えず、水洗トイレももちろん使えない。そのため高層階の住民の中には、信じられない方法で「トイレ問題」を解決する人々がいるという。

こうした事情を知ってから知らずか、金正恩氏は、5月に開催された朝鮮労働党第7回大会で「経済発展5ヵ年戦略」のスローガンをかかげ、今月1日から、またもや大増産運動「200日戦闘」を始めた。

建設現場で数百人が生き埋め?

デイリーNKは、北朝鮮の貿易会社が「黎明通り」の建設に必要な鋼材を中国から大量に輸入しているとの情報をキャッチ。中国の北朝鮮情報筋によると、金正恩氏自らが、建築資材を「忠誠で保障(確保)せよ」との指示を下したという。指示には「対北朝鮮制裁を、高層マンションが立ち並ぶ黎明通りの建設で打ち破ろう」という一節もある。

指示が下されるや、北朝鮮の各貿易会社では「鋼材輸入戦闘」が始まり、1000トン以上の鋼材が中国から輸入された。その一部をデイリーNKはとらえた。それが下の写真だ。

朝鮮中央通信によると、建設が始まったのが4月3日。北朝鮮は「速度戦」のスローガンをかかげて、2ヶ月足らずで数十棟の基礎掘削工事と、4棟の鉄骨の組立工事を終えたと報じた。しかし、無茶な速度戦は様々な弊害を生み出している。

建設現場では事故が多発。韓国の東亜日報系のテレビ局「チャンネルA」によると、4月10日に建設中のマンションの倒壊し、数百人の労働者が生き埋めになったという。

救出装備も不十分なことから、ほぼ人の手で救出作業が行われている。しかし、10日経っても救出されていない数百人は既に死亡したと見られているという。詳細はまだ不明だが、なんらかの事故が起きた可能性は十分にある。過去にも建設現場で大規模事故が発生し、大量の死傷者を出しているからだ。

しかし、いくら事故が起こっても、北朝鮮当局は救助を第一に考えない。まずは情報が外部に漏れることを恐れ、事故の隠蔽により力を入れる。この有様では、金正恩氏がいくら「人民生活の向上」を訴えても、スローガンが空しく響き渡るばかりだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事