北朝鮮の平壌で「金日成社会主義青年同盟(青年同盟)」の会議が30日、行われた。朝鮮中央通信が同日、配信した。

同通信によると、今回行われた青年同盟中央委員会第61回総会拡大会議では、金正恩党委員長が朝鮮労働党第7回大会で報告した課題を貫徹することが議論された。

さらに1993年の「青年同盟第8回大会」以来、23年ぶりとなる「青年同盟第9回大会」を8月下旬に平壌で開催することが決定された。

また、各青年同盟で使用されていた委員長、副委員長という職制を第1書記、書記に変更することが決定された。朝鮮労働党第7回大会で、金正恩氏が「朝鮮労働党委員長」になったことから、各組織で「委員長」という役職を使用しないための措置と見られる。

青年同盟は、満14~20歳の青年・学生層が加入する義務がある。1946年1月17日に「朝鮮民主青年同盟」という名称で創立された。その後、「朝鮮社会主義労働青年同盟」を経て、1996年1月の創立50周年時「金日成社会主義青年同盟」に名称が変わった。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

青年同盟中央委第61回総会拡大会議

【平壌5月30日発朝鮮中央通信】金日成社会主義青年同盟(青年同盟)中央委員会第61回総会拡大会議が30日、平壌で行われた。

青年同盟中央委員会の委員、中央と地方の青年同盟の幹部がこれに参加した。

会議では、金正恩元帥が朝鮮労働党第7回大会の報告で提示した綱領的課題を貫徹することについてと、青年同盟第9回大会を招集することについて、青年同盟の各級組織の委員長、副委員長の職制を直すことについてを討議した。 会議では、第1の案件に対する討論が行われた。

各討論者は、金正恩元帥は報告で金日成主席と金正日総書記の思想と業績を万年の礎にして全社会の金日成・金正日主義化の旗印を高く掲げ、継続革命の道に力走して社会主義偉業を立派に成し遂げるための目標を提示したと強調した。

また、青年同盟組織で幹部と同盟員を朝鮮労働党第7回大会の基本精神で武装させるための学習熱風を起こし、党大会の決定貫徹へ総決起、総発動させるための宣伝鼓舞活動を力強く繰り広げることについて述べた。

各討論者は、青年同盟の幹部と同盟員が朝鮮労働党第7回大会で提示された課題を貫徹するための闘争で新しい英雄青年神話を絶えず創造することによって社会主義強国建設の最後の勝利を早めることに積極的に寄与すべきだと強調した。

総会拡大会議では、第1の案件に対する決定書が採択された。

会議では、金日成社会主義青年同盟第9回大会をチュチェ105(2016)年8月下旬に平壌で招集することに決定した。

また、金日成社会主義青年同盟中央委員会と道・市・郡青年同盟委員会の委員長、副委員長を第1書記、書記、各級基層青年同盟組織の委員長、副委員長の職制を書記、副書記にすることに関する決定書が採択された。

    関連記事