北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)朝鮮労働党政務局副委員長が31日、数十人の代表団を率いて中国を電撃的に訪中した。

今年1月、北朝鮮が第4次核実験を強行以後、北朝鮮の高官が訪中するのははじめて。

金正恩党委員長の最側近と見られている李氏の訪中だけに、その目的や中朝間で交わされる会話の内容、今後の中朝関係に注目される。

    関連記事