金正恩党委員長が、北朝鮮と中国の間で行われたバスケットボール親善試合を観戦した。30日、朝鮮中央通信が配信した。観戦日時は不明。

中朝バスケットボール親善試合を観戦する金正恩氏(2016年5月30日付労働新聞より)
中朝バスケットボール親善試合を観戦する金正恩氏(2016年5月30日付労働新聞より)

同通信によると、北朝鮮の朝鮮小白水男子バスケットボールチームと中国オリンピック男子バスケットボールチームとの間で競技が行われ、朝鮮小白水男子が82対73で勝利した。

また、先に行われた二度の親善試合でも朝鮮小白水が2連勝しているという。

観戦には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、李日煥(リ・イルファン)、金与正(キム・ヨジョン)、金成男(キム・ソンナム)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、李宗茂(リ・ジョンム)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が朝鮮小白水男子バスケットボールチームと中国オリンピック男子バスケットボールチーム間の友好競技を観覧

【平壌5月30日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官である金正恩元帥が、朝鮮小白水男子バスケットボールチームと中国オリンピック男子バスケットボールチーム間の友好競技を観覧した。

友好競技では、朝鮮小白水男子バスケットボールチームが中国オリンピック男子バスケットボールチームに82対73で勝った。

先に行われた二度の友好競技でも、朝鮮小白水男子バスケットボールチームが中国オリンピック男子バスケットボールチームを81対70、65対56で破った。

金正恩元帥は、朝鮮と中国両国のスポーツマンが厚い友好の感情を抱いて素晴らしい競技動作で立派な競技を行ったことに大きな満足の意を表した。

崔龍海、呉秀容、李日煥、金與正、金成男、趙甬元、李宗茂の各氏と平壌市内のスポーツマン、青年学生、首都市民が競技を共に観覧した。

    関連記事