去る4月、中国浙江省寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」から集団脱北した北朝鮮出身の女性従業員の中に、故金正日総書記から寵愛を受けた「国民的歌手」の娘が含まれているらしいことがわかった。

美貌で人気爆発

その国民的歌手とは、正日氏から直接見出されたとされるチェ・サムスクさん。そして、彼女の娘とされているのは、脱北した従業員のひとりであるリ・ウンギョンさん(写真の中段・左から2人目)である。

集団脱北した女性従業員の顔写真(画像:民族通信)
集団脱北した女性従業員の顔写真(画像:民族通信)

脱北した従業員の多くが、北朝鮮のエリート家庭の出身であることはかねて伝えられていた。脱北した女性従業員の家族や親戚たちは、「元々あんなことをする子ではないのに、保衛指導員の監督不行き届きであんなことになってしまった。責任を取るべきは担当当局の方だ」と主張。一般国民にとっては恐怖の象徴であるはずの国家安全保衛部の幹部が、タジタジになっているとの話もある。

北朝鮮で海外に赴任するウェイトレスらの養成を担っているのは、商業学校や商業専門学校の「奉仕科」という専門コースだが、言うまでもなく「狭き門」であり、幼いときから歌や踊りの英才教育を受けていなければ、選抜は適わないという。

またそれ以前に、本人の努力だけではどうにもならない、より厳しい条件をクリアしなければいけない。

「親の職業は何であるか」「過去、身内に反体制分子はいなかったか」など、出自や家庭環境を数十種類に分類した「出身成分」――平たく言えば、思想的な意味での「家柄」が良好とみなされなければならないのだ。余談になるが、朝鮮中央テレビなどの女性アナウンサー、いわゆる女子アナになると、ウェイトレス以上に狭き門となる。

とはいえ、脱北した従業員の中に、チェさんほどの有名歌手の娘がいたとは驚きである。チェさんは20年余りの活動で3000曲以上を歌い、半生が映画化されたこともある。それほどのスターの娘までが脱北した北朝鮮国内に知れれば、一般国民に与える影響は小さくないだろう。

それと同時に、韓国国内の反応も気になる。ただでさえ、美貌の北朝鮮ウェイトレスは、一部の韓国国民の間でアイドル並みの人気を誇ってきた。

その上、ウンギョンさんは「北朝鮮芸能界」の裏側まで知っている可能性もあり、色々な意味で関心を持たれることになるのではないだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事