北朝鮮の朝鮮中央通信が、イランとシンガポールの企業家が北朝鮮との経済交流に関心を寄せている、とする記事を配信した。

イランは、北朝鮮と長らく武器取引などで結びついてきた友好国。シンガポールには多数の北朝鮮官僚が留学し、市場経済などを学んでいる。

朝鮮中央通信の全文は次のとおり。

朝鮮との経済交流に関心を寄せるイランとシンガポールの企業家たち

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】第19回平壌春季国際商品展覧会に参加した各国の企業家が、朝鮮との経済交流に関心を寄せている。