北朝鮮の労働新聞は24日、署名入りの論説を通じて、在日本朝鮮人総聯合会(総連)は、「金正恩元帥の思想と指導に忠実に従わなければならない」と主張した。

同紙は、金正日氏が1995年5月24日、総連結成40周年に際して送った「在日朝鮮人運動を新たな高い段階へ発展させるために」と、金正恩氏が2015年5月25日、総連結成60周年に際して送った「偉大な金正日同志の意を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていこう」の二つの書簡が総連が進むべき道を明示していると指摘。

そのうえで、「金正恩元帥はわが祖国と民族、総連と在日同胞の運命であり、勝利と栄光の象徴である」としながら、「総連の活動家と在日同胞は、金日成主席と金正日総書記をいちずな心で高くいただいた総連の前世代のように金正恩元帥の思想と指導に忠実に従わなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 総聯組織がある限り在日朝鮮人運動は必勝の威力をさらに宣揚するだろう

【平壌5月24日発朝鮮中央通信】24日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、金正日総書記がチュチェ84(1995)年5月24日に総聯(朝鮮総聯)結成40周年に際して送った書簡「在日朝鮮人運動を新たな高い段階へ発展させるために」と金正恩元帥が2015年5月25日に総聯結成60周年に際して送った書簡「偉大な金正日同志の意を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていこう」は総聯が進むべき道を明示する偉大な勝利のたいまつであると指摘した。

論説は、総聯の愛国活動において堅持すべき中心課題とその実現のための方途が全面的に明示されている不世出の偉人たちの両書簡は実践を通じてその真理性と生命力が誇示されたとし、次のように強調した。

総聯は、金日成主席と金正日総書記を永遠に高くいただいて主席と総書記の総聯建設思想と指導業績を在日朝鮮人運動の不滅の大綱としてしっかりとらえて揺るぎなく擁護、固守し、主席と総書記の教示を貫徹しなければならない。

金正恩元帥はわが祖国と民族、総聯と在日同胞の運命であり、勝利と栄光の象徴である。

総聯の活動家と在日同胞は、金日成主席と金正日総書記をいちずな心で高くいただいた総聯の前世代のように金正恩元帥の思想と指導に忠実に従わなければならない。

論説は、金正恩元帥の卓越した指導があり、偉大な先軍の旗を高く掲げて百勝の気概と威容を宣揚する尊厳あるわが共和国があり、愛国の一念で固く団結した威力ある総聯組織がある限り、在日朝鮮人運動は必勝の威力をさらに宣揚するであろうと強調した。

    関連記事