北朝鮮の労働新聞は23日、署名入りの論評を通じて、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の主張を非難した。

論評は、韓国大統領府(青瓦台)で開かれた大統領諮問機関「民主平和統一諮問会議」で、朴大統領が「北が変化するしかない環境をつくる」「平和と幸福の統一時代を開いていく」と述べたことに対して、「南朝鮮執権者の妄動は情勢の流れも見られず、民心の志向にも従えない実に愚かな行為である」と指摘。

さらに、「いかなる『制裁』と圧力もわれわれには通じない」「北南関係の改善は南朝鮮の執権者に与えられた最後の機会となる。北南関係の破局は南朝鮮執権者の境遇をさらに困難にするであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事