「北朝鮮にも腕っぷしが強くて徒党を組む愚連隊のような連中をはじめ、裏社会の人間はいる。実際、俺自身が裏社会の人を通じて北朝鮮を脱出できたわけだからね。ただ、日本のヤクザみたいに巨大で組織的じゃないね」

そう語るのは60代半ばの脱北者、崔勇男(チェ・ヨンナム)さん。1970年代に大阪から北朝鮮へ帰国した崔さんは、かの国の現実に絶望し、2008年に脱出。命がけの逃避行の末に、生まれ故郷の日本に生還した。

「北朝鮮のヤクザ」と言われても、にわかにイメージしづらい。なぜなら、北朝鮮には「人民保安部(警察)」「国家安全保衛部(秘密警察)」、そして「朝鮮人民軍」という3つの強大な治安機関があり、「ヤクザ」や「不満分子」など反社会的勢力に対する徹底的な監視体制を敷いているからだ。

軍隊も一目置く

そもそも北朝鮮という国家自体が、麻薬や偽札などなど、ヤクザ顔負けの違法行為に手を染めている。さらには複数の国家機関が、違法な「シノギ」をめぐって仁義なき戦いを繰り広げている。こんな国では到底ヤクザなんて存在できるはずがないと思われるが、やはり北朝鮮にもヤクザは存在した。そのなかには、「愚連隊」に過ぎなかった不良グループが拡大し、組織化された武闘集団になった例もある。

1991年、北朝鮮のある都市でソク・ギョンチョル(仮名)という28歳の青年が軍人に射殺される事件が起きた。彼こそ、地元住民が恐れ警察や軍隊でさえ一目置いたという「ソク・グループ」を率いるヤクザの親玉だった。弱冠28歳でヤクザの親玉まで上り詰めたソクとは何者か――。

ソクは高校時代から喧嘩自慢で素行が悪く、近隣の若者達から恐れられる存在だった。盗みを働いて警察に逮捕されることも数知れず。その度に、地元の有力者だった父親のおかげで罪を逃れていた。

恐怖政治で国民を押さえつける北朝鮮当局や、秩序を重んじる大人からは忌み嫌われたソク。しかし、若い不良連中からは「強い漢(おとこ)」として尊敬を集め、ソクの周りには喧嘩自慢の若者達が徐々に集まりはじめる。

「普段の生活は、国が決めた思想学習会や組織活動でがんじがらめ。大した娯楽もなく、日頃の楽しみと言えば酒やコソッと内輪でやるバクチぐらい。そんな社会でエネルギーをもてあます若いヤツらが徒党を組んで喧嘩や反社会的な行為に走るのは、当然だろう」(崔さん)

暴力性でライバルを圧倒

高校を卒業したソクは軍隊の入隊を希望するが、日頃からの「素行不良」がたたって入隊できなかった。

もちろん、大学にも行けるはずのないソクは、否応なしに企業所(国営企業)に所属する。しかし、そこで働いて得られるのは日々の生活が精一杯の月給と配給のみ。

軍隊に入隊できず、やけくそ気味のソクは、徐々に企業所にも出勤しなくなる。無断欠勤が続けば、罰を与えられるケースもあるが、そこは賄賂や父親のコネでなんとか逃れられたようだ。

そんなソクを中心に、自然発生的に愚連隊のようなグループが出来ていく。となると当然のように、他の愚連隊との間で対立や抗争も起きる。ソク・グループは荒っぽさで他の愚連隊を凌駕し始め、その名前は他の地域でも響き渡るようになる。ソク・グループと衝突した愚連隊は、後々の報復を恐れて敢えて喧嘩を避けたり、わざと負けることもあった。

また、「団結力」と「義理」を重んじるソクという人間を慕って、彼の元に集まる荒くれ者も増えていき、次第にソク・グループは、「愚連隊」の枠を超えていく。

「韓国の男は頼りない」

ところで、ソクや彼のような不良連中は、北朝鮮の女性の目にはどう映っていたのだろうか。

北朝鮮の女性として真っ先に思い浮かぶのが、日本や韓国でも話題となった「北朝鮮美女応援団」。彼女たちのような、しとやかで清楚な北朝鮮女性達からすれば、ソクみたいな無頼者はさぞかし毛嫌いされる存在だったに違いない——と思いきや、意外とそうではなかった。

「直接は知らないけど、ソクという人の噂は聞いたことがあります。女子には相当モテたと思いますよ。北朝鮮にも不良男子にあこがれる女子はいますから」

 そう語るのは2010年に脱北して現在は韓国・ソウルに住む李京花(イ・キョンファ)さん(50代)。ソクの名が轟いていた頃に、10代後半の多感な時期を過ごした李さんは、自分の少女時代を懐かしむかのように言葉を続けた。

「北朝鮮では、韓国以上に男子は『男らしさ』が求められるので、年頃の女子が不良に憧れるのもなんとなくわかる気がする。不良が嫌いだった私でも、こっち(韓国)に来てから韓国の男子が頼りなくていらいらする時もあるぐらい。『北朝鮮の男を見習え!』って(笑)」

カネより貴重なもの

勢力が拡大していったソク・グループは、喧嘩に明け暮れるだけでなく、日本で言う「シノギ」のような収入源も手にした。

最も大きなシノギはあらゆるトラブルの「仲裁」。度々起こる他の愚連隊同士の抗争や勢力争い。解決しにくい個人間のトラブルが起こった場合は、ソクの出番だ。仲裁して解決し、その見返りとして「酒」「食べ物」「衣類」などを受け取る。

金銭ではなく、物資で報酬をもらうという点が興味深いが、このあたりは当時の北朝鮮社会の実情を反映している。物資が圧倒的に不足している北朝鮮で、生活必需品はヤミ市場で売買すれば、十分「現金」になる。

実際、ソクのようなヤクザだけでなく、一般住民、そして党の幹部や軍人さえも国家から支給された物資をヤミ市場に横流しして金品に換えるのだ。時と場合によって「物資」は「現金」以上に信頼できる交換手段だ。

ソク・グループは、食糧倉庫などを衝撃し、物資を盗むこともあった。もちろん、下手を打って構成員が逮捕され「教化所」に送られることもある。

激しい拷問

日本の刑務所にあたる北朝鮮の教化所は、想像を絶する厳しい拘置施設だ。

日本や諸外国のような「受刑者の人権」がない教化所では拷問も日常茶飯事だ。ソク・グループの構成員も厳しい拷問にさらされたことは容易に想像できる。

しかし、団結力が強くソクとの義理を命のように重んじる構成員達は、厳しい拷問にも耐えながら決して組織のことはしゃべらなかった。また、ソク自身もグループが大きくなり組織化していくにつれ、現場に出ることは希となり、警察もなかなか尻尾をつかむことができなかった。

正確な数字は不明だが、最終的にソク・グループの規模は100人から200人に達したと言われている。ソクは既に愚連隊のリーダーというより、ヤクザの親分のような存在になっていた。その姿には、愚連隊から出発して「安藤組」を起こした「安藤昇」のイメージが重なる。

軍人と衝突

しかし、そんなソクにも最期の時が訪れる。ある日、ソクが子分を引き連れて町を歩いていると、朝鮮人民軍の軍人2人が、醤油が入った大量のペットボトルを運んでいた。軍隊は統治機関でもあり、住民から最も恐れられる国家機関だが、ソクからすればお構いなしだ。ソクは彼らに話しかけた。

「そのペットボトルに入っているのは酒だろう?それ飲もうぜ」

「冗談だろう?本当に飲むのか?」

笑いながら答える軍人達。すると別の子分がすごんだ。

「だから、そこに入っているのは酒だろう!だったら、俺たちにもくれや」

軍人達は、相手があのソクだということを知っていた。しかし、こんな風に因縁をつけられて引き下がっては、軍隊のメンツにかかわる。声を荒げてソク達を罵倒しはじめた。

「お前はバカか?軍人が真っ昼間から酒を持ち歩くわけがないだろう。ここに入っているのは醤油だぜ」

「醤油だと?何をバカなことを言っているんだ。フザけるな!」

振り向きざまに銃を…

たわいのない言い争いだったが、お互いが馬鹿にされたと思い込んだことから、軍人とソク達の間で喧嘩が始まった。

ソク側は4人で対する軍人は2人。形勢不利と見た軍人達は、慌てて逃げ出し始めた。彼らを追いかけるソクのグループ。そのとき、軍人は振り向きざまに腰から銃を抜き出し、構えながら叫んだ。

「お前達、止まれ!止まらなければ撃つぞ!」

銃を向けられて、さすがにソク以外の構成員は逃げ散っていった。しかし、逆に面子を失った思ったのか、ソクの怒りは収まらない。銃をかまえる軍人達に近づいたソクは、手に握りしめていたナイフを振りかざし彼らに投げつけた。投げられたナイフが軍人達の足下にのめり込んだその瞬間・・・

「パン!パン!」

身の危険を感じた軍人が発砲。銃弾2発がソクの胸を直撃し、彼は胸を血だらけにしてその場に倒れこんだ。即死だった。

激怒した構成員たち

ソクが死んだという噂は、その日のうちにグループの構成員達や住民の間に広まった。

親分を射殺され、怒り心頭の構成員達は報復のため結集しようとしたが、事前にそれを察知した警察は、騒ぎの拡大を恐れてソクの両親にこう言った。

「葬式が行われれば騒ぎが大きくなるかもしれない。静かに埋葬して欲しい」

警察による厳戒のなか、ソクが埋葬される日に数百人の構成員達はその場に集結した。そして、彼らはこう胸に誓ったという。

「絶対にヤツら(軍人達)に復讐してやる!」

ソクを射殺した軍人が所属する部隊はグループの報復を恐れて24時間体制の非常警戒を敷いた。さらに、ソク射殺事件に関わった2人の軍人は、他の部隊に転属させられた。振り上げた拳の落としどころを失ったソク・グループは、徐々に構成員同士が内輪もめと分裂を繰り返し、数年後には自然消滅してしまった。

金正日による一斉検挙

ソク・グループは、あくまでも地域の愚連隊が拡大し、自然とヤクザに発展していったケースだったが、国家機関と癒着しながら裏の別働隊として利権をシノギにするヤクザ組織も存在していた。

彼らは「パッキ派(車輪派)」「カマギ派(カラス派)」「ケスンニャンイ派(朝鮮狼派)」「ケントル派(悪党派)」「カルメギ派(カモメ派)」などと名乗り暗躍していた。

しかし1992年、金正日総書記は「非社会主義検閲団」という組織を派遣して一斉検挙を行い、北朝鮮のヤクザは完全に壊滅させられてしまう(つづく)

【実録 北朝鮮ヤクザの世界(下)】社会主義国で「経済ヤクザ」が誕生するまで

(取材・文/ デイリーNKジャパン編集長 高英起)

    関連記事