北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、5月25日から3日まで韓国・鎮海と済州島の沖合で行われる「西太平洋潜水艦救難訓練」を非難する記事を配信した。

同通信は、「かいらい好戦狂らが米国、日本をはじめとする外部勢力と結託して25日から来月3日まで朝鮮南海で連合潜水艦訓練を強行しようとしている」としながら「朝鮮半島の再侵略の機会をうかがっている日本の『自衛隊』武力まで引き入れようとあがいている」と、日米間を攻撃した。

一方、「西太平洋潜水艦救難訓練」には、米日韓をはじめ、オーストラリア、シンガポール、マレーシアの6カ国の海軍が参加し、中国、ロシアなどを含む12カ国がオブザーバーとして立ち会う。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

南朝鮮のかいらいが外部勢力と結託して朝鮮南海で連合潜水艦訓練を画策

【平壌5月11日発朝鮮中央通信】南朝鮮の「聯合ニュース」によると、かいらい好戦狂らが米国、日本をはじめとする外部勢力と結託して25日から来月3日まで朝鮮南海で連合潜水艦訓練を強行しようとしている。

かいらい海軍は、潜水艦などが投入されて鎮海と済州島の周辺海域で軍事演習が行われ、演習が終わった後、参加武力をすべて済州海軍基地に引き入れると公言した。

これにより、かいらい好戦狂らが今まで強行して建設した済州海軍基地が何を目的とする軍事基地であるのかが余地もなく明らかになった。

特に、かいらい好戦狂らは朝鮮半島の再侵略の機会をうかがっている日本の「自衛隊」武力まで引き入れようとあがいている。

    関連記事