先月28日、北朝鮮で金正恩氏肝いり建設事業の一つである「白頭山英雄青年3号発電所」の竣工式が行われた。日程は、朝鮮労働党第7回大会に合わせたと見られる。

党大会で金正恩党委員長は総括を通じて「我が青年たちは、党が任せた白頭山英雄青年発電所を立派に建設し、朝鮮青年たちの不屈の精神力と自力自強の力を天下に誇示し、米帝とその追従勢力の頭上に鉄槌を落とした」と、同発電所を褒めちぎった。

しかし、完成からわずか10日で水漏れを起こし、緊急放水を余儀なくされる事態に発展していたことが明らかになった。韓国の聯合ニュースが報じた。