北朝鮮の労働新聞は7日、6日から開幕した朝鮮労働党第7回大会の執行部の人名を公表した。

昨年5月に粛正・処刑されたと見られている玄永哲・朝鮮人民軍(北朝鮮軍)元人民武力相や12月に交通事故で死去した金養健(キム・ヤンゴン)党書記、そして2月に処刑されたと見られている李栄吉(リ・ヨンギル)元総参謀長の名前は見当たらない。

労働新聞が公表した執行部は次のとおり。なお漢字名は、朝鮮中央通信などを元にしている。(敬称略)