先月、ベトナムのハノイで開催された見本市に参加した北朝鮮の企業の数が、前年に比べ大幅に減っていたことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)のハノイ事務所によると、先月開催された「ベトナムエキスポ2016」に参加した北朝鮮企業はわずか2社に留まった。昨年4月に開催された前回の見本市には、6社が7つのブースを借りて大々的なPRを行っていたが、今回は規模も小さく、PRにも消極的な様子だったという。

見本市事務局によると、5社が参加を申し込んでいたが、実際に参加したのはミョンシン貿易会社と土城(トソン)製薬会社だけだった。この2社は、高麗人参、牛黄などの漢方薬を使った健康補助食品を製造、輸出している。

制裁に「巻き添え」の恐れ

ベトナムの消費者からは好評を得て、即売品はかなりの数が売れたようだが、ベトナム企業との輸出契約成立には至らなかった模様だ。その原因はやはり国連の経済制裁だ。

    関連記事