中国は、北朝鮮が6日に開催を予定している朝鮮労働党第7回大会に、代表団を派遣しない可能性が高まってきたと、韓国聯合ニュースが報じた。

同ニュースは、北朝鮮に詳しい北京消息筋の話として、中国が党大会に代表団を派遣するような動きは見られないと報じた。同時に、北朝鮮が海外代表団を招くような動きも把握されていないという。

1980年に開かれた朝鮮労働党第6回大会には、118カ国から177の代表団が出席。中国からは、1980年代から1990年代にかけて権勢を振るった長老集団「八代元老」の一人である李先念副主席が率いる代表団が派遣された。