北朝鮮の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会は30日、朴槿恵政権に対して特別警告を発表。「朴槿恵がまたもや共和国の尊厳と制度に悪らつに言い掛かりをつけた」と主張した。朝鮮中央通信が同日、配信した。

特別警告は、朴大統領が28日に、緊急「国家安全保障会議」を招集して「北の5次核実験が差し迫ったという状況が感知された」「追加核実験が強行される場合、未来がなくなる」などと述べたことに対して「これは共和国の尊厳と制度、わが人民に対する我慢できない冒とくであり、許せない重大な政治的挑発である」と糾弾しながら、次のように強調した。

再度、特別に警告するが、朴槿恵は民心のしゅん厳な裁きを受けた自分の哀れな境遇でも知って、災難の出口である口を慎まなければならない。

再度、厳重に警告するが、朴槿恵は目を明けても正しく見られない境遇なら、かえって目を閉じた生ける屍、「植物人間」としていながら死ぬ日でも待つ方がよかろう。

朴槿恵が昨日はかいらい国会議員選挙で南朝鮮民心のしゅん厳な裁きを受けたなら、遠からず全民族、全世界の進歩的な人類の厳正な判決によって最終的破滅を免れられないということを忘れてはいけない。

    関連記事